猫はブログを書かない

迷子猫探し55日間で向き合ったあれこれ。猫を飼うとは。気持ちと向き合うとは。

*飼い猫の「てんちゃん」を迷子にしてしまったコトの発端はこちらからご覧ください。
*てんちゃん捜索日記の目次はこちら
*プロフィール&迷子猫の探し方についてのご相談はこちらをご一読ください。
*このブログに登場するアニマルコミュニケーターさんについてのご質問はこちらをご一読ください。

迷子猫探し:警察への緊急性のない迷子の通報はまず「#9110」へ <編集後記No.4>

f:id:ten_maigo:20160110153722j:plain

埋もれるてん...。

 

*****

 

今日、1月10日は「110番の日」だそうですが、それにあわせてこんな記事が出ていて、これは迷子猫探しに重要な情報だぞ、と思ったのでご紹介させていただきます。

 

 

 私はてんちゃんが迷子になった直後、どうしていいかわからず110番通報してしまいましたが、最終的には逃げた場所の管轄の警察署の「会計課」へ連絡することがベストということがわかりました。

 

 

またこの記事を書いた当時は、

 

「110番はやはり緊急の人が連絡すべき場所なので、失踪場所の住所からネットなどで検索して、管轄の警察署に連絡するのがベターだけど、もしも状況的に管轄所を調べることができなかったり、調べてもわからなかったりしたら、110番にかけても事情を説明すれば対応してくれると思います」

 

としておりましたが、まずは#9110へダイアルして、状況を説明し、管轄の警察署の電話番号を教えてもらうのが一番スマートなんじゃないかなと思いました。

 

なお、警察にも届けておいたほうがいい理由はいろいろありますが(猫を保護してくれた人が、どこに届け出たらいいかわからず警察に連絡するパターンは結構あるそうです)、私たちのように、こんな危険な状況に陥るケースもありますので、まずは逃げた直後に警察にも一報を入れておくことをお勧めします。

 

 

こちらの記事もあわせて参考に・・・!