猫はブログを書かない

迷子猫探し55日間で向き合ったあれこれ。猫を飼うとは。気持ちと向き合うとは。

*飼い猫の「てんちゃん」を迷子にしてしまったコトの発端はこちらからご覧ください。
*てんちゃん捜索日記の目次はこちら
*プロフィール&迷子猫の探し方についてのご相談はこちらをご一読ください。
*このブログに登場するアニマルコミュニケーターさんについてのご質問はこちらをご一読ください。

迷子猫探し:「もうここにはいない...」と思うのはまだ早い!同じ所は何度も探そう。<編集後記No.36>

f:id:ten_maigo:20160605225831j:plain

 行方不明になったてんちゃんは、まさかのまさかで高速道路を“またいで”いました。

 

*****

 

猫にGPSをつけて行動範囲をチェックしたという話題を興味深く拝見しました。

 

buzzmag.jp

 

中には裏山まで遊びに行ってる子もいて、ビックリです。

 

でもこの記事からも分かるように、ニャンコの行動範囲はこちらが思っている以上に広いのです。

 

なので、猫ちゃんが迷子になってしまったときは、(気持ち的に家の周りを重点的に探したくなるのは分かりますが)半径2kmくらいも視野に入れて探すことをオススメします。

 

「時間も人手もないからそんなに広範囲は探せないよ!」

 

という場合は、とりあえずなるべく早い段階で、2kmのラインにチラシをはったりまいたりして、「結界」を貼ることをオススメします。

 

neko-maigo.hatenablog.com

 

そしてこれだけの距離を移動していると思うと、いるはずがない、と思っている場所から次の場所へ移動するにも時間がそこそこかかるでしょうから、一度探して「いなかった!」と思った場所も、あきらめずに何度も念入りに捜してみてください!

 

 

こちらの記事もあわせて参考に・・・!